本文へ移動

子育て支援事業

わんぱく教室(くるみっ子教室)について

・対象者
家庭で保育をしている親子(0歳〜就学前のお子様)

10:00~11:00
   室内遊び・戸外遊び
11:00~11:30
   絵本の読み聞かせ・手遊びやリズム体操
   親子の触れ合い遊びなど
 
是非遊びに来て下さい口を広げてにっこりした顔
たくさんのご参加お待ちしています

実施日及び時間

1)毎週火曜日
 
2)午前10時〜午前11時30分頃
 
3)担当保育士 1名

子育て情報

4月 育児不安をもつお母さん
 育児に関して様々な不安とか、いらだちをもっているお母さんが沢山いらっしゃるわけですが、どういう人たちに育児不安が多いかと申しますと、地域の人たちとの交流が「消極的だ」と感じている人に圧倒的に多いということがわかってきました。いまのお母さんは一日中、自分の子どもと向かい合っていることに耐えられないのです。これは現代社会のひとつの側面で、人々が多様なことに興味、関心、そして知識もつようになったからです。一世代、二世代前の人たちは、興味や知識の幅がせまくて、あれこれやりたいことの関心も意欲も乏しかったのだと思います。ですから情報の少なかった時代のお母さんは、自宅空間だけで子どもと向かい合っていることに、現代人のようなストレスは感じなかったのだと思います。もっとも、その当時の地域社会には窮屈さの中にも豊かな人間関係がありました。ようするに、人間関係が少ないお母さんほど、極端なことを言うと、育児が下手になるということです。人間というのは、人づきあいが少なくなればなるほど、あるいはできなくなるほど、不安が強くなり、いらだちが強くなり、疲れやすくなるということが、どうもあるようです。「人と会うことの不安」というものを、現代人は個人差はあっても、心のどこかに持っているようです。そこで、もうすこしつっこんでみてみますと、どういう人がどういう状況の時に育児不安が強くなってしまうのかということですが、ひとつの要素に夫や実家の家族との関係があります。いろんな場面で、夫や実家の母が育児に協力的に手伝ってくれる場合に、お母さんは疲労を感じにくい、いらだちを感じにくい、これは当然ですね。さらに、ここで興味深いことに、育児はほとんど手伝ってくれないが、日常の生活において、夫や家族とのコミュニケーションに満足を感じているお母さんは、おなじように疲労を感じにくい、いらだちにくい、不安も感じにくいらしいのです。具体的に育児そのものを手伝ってくれる、これはもちろんたいせつなことです。けれども、日ごろの会話、コミュニケーションに満足しているお母さんと、夫や家族が育児に協力してくれると感じているお母さんとでは、調査結果で読み取れるものには、ほとんど差が無かったということです。ですから、あらためて私たちは、できるだけ人との関係に不安や疲れを感じないように、日々心掛けて生きるようにすることが大切なのだと思います。
出典:「子どもへのまなざし」
    児童精神科医 佐々木正美
社会福祉法人くるみ福祉会
くるみ保育園
〒771-0131
徳島県徳島市川内町大松68-1
TEL.088-665-3561
FAX.088-665-5007
0
3
9
6
5
8
TOPへ戻る